さよならのビタミン卒業年、第三章

私は従妹に目の敵ている目つき、ぼんやりとした目の前にこのように感情を体験する人、私は多くのものが変わることを知っていました…… ,

が教室に戻ると,教室の入り口に立って、足はどうしても開かない教室に入ってください、私は恐らく見え従妹、再び経験もそんな恐れて、恥じないかもしれない、心ならずも、私は知っていて感情の事は無理ですが、この窓から槍の愛情はちょっと怖くて従妹の感情はとても良くて、私は依然として失くしたくない身の回りの一人一人が.

私は入り口で眺めて、従妹の葉のテーブルの上できれいになって、私はまだどきどきして、まだ何か従妹に直面する時,ビタミン、彼女はすでにこの逃避の方法を作った.しかし私は更に思っていなかったのは:従妹が意外にもねずみと席を変えたのです!これは私は毎日を突いている従妹の仇以外にもされているネズミの情熱を、この冰火二重日の感じ、本当に辛い……

にいまだ感情が芽生えて初期の私が,私はすぐに忘れてしまった私と恋敵従妹の感情の葛藤とジェリー楽しい遊ぶにして、しかしこのいわゆる一緒に確定したのは、2人の関係まで……