5大ビタミン欠乏症って?

ビタミン欠乏症として最もよく知られているのは脚気です。ビタミンB1の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす脚気は、針で刺されているようなチクチクする痛みがあり、足に焼けるような感覚が生じて夜間特に激しくなり、脚の筋肉に痛み、脱力感、萎縮がみられます。

ナイアシン不足で起こる病気はペラグラといいます。ペラグラは代謝内分泌疾患の一つで、

色素沈着性発疹,胃腸炎,および認知力低下を含む広範囲の神経障害があります。アルコールは肝臓に運ばれた後ある毒素に変わりますが、ナイアシンはそれを分解する際に多く必要になるからです。 精力剤

ビタミンCが欠乏すると毛細血管が脆弱となって、皮下、歯肉、関節内に出血が起こりやすくなります。壊血病はビタミンCの欠乏によって生じます。これが欠乏すると、骨の間充組織の生成と保持に障害を受けます。早漏

ビタミンDは,ホルモンとして働くいくつかの活性化代謝物をもつプロホルモンです。くる病はビタミンD欠乏や代謝異常により生じる骨の石灰化障害で、見た目の変化として脊椎や四肢骨の湾曲や変形が起こります。

悪性貧血は胃粘膜の萎縮による内因子の低下によりビタミンB12が欠乏することで生じます。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB12が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどります。