ビタミンDって何?

ビタミンDとは

ビタミンDには、きのこなど植物性食品に含まれるビタミンD2 (エルゴカルシフェロール)と動物性食品に含まれるビタミンD3 (コレカルシフェロール)があり、これらを総称してビタミンDといいます。ビタミンD2、ビタミンD3の体内での働きは同じです。

ビタミンDは骨の形成や成長に重要なカルシウムの吸収に深く関わっています。骨の成長のほか、免疫力を高める働きもあり、丈夫な体づくりには必要不可欠です。

体内に取り入れられたビタミンDは、小腸から脂質と一緒に吸収され、肝臓と腎臓の酵素の働きによって活性型ビタミンDに変換されます。ビタミンDは活性型ビタミンDとなって初めて働きます。つくられたビタミンDは肝臓に貯えられます。

また、ビタミンDは血液や筋肉のカルシウム濃度を調節する役割をしています。体内のカルシウムのうち99%は骨や歯に存在し、残りの1%は血液や筋肉中に存在して筋肉を収縮させたり、神経伝達に関わるなどの重要な働きをしています。

この働きが正常に行われるためには、血液中のカルシウム濃度を常に一定の範囲内に保つ必要があり、カルシウムの摂取量が少ない時は骨から血液中にカルシウムが溶け出し、多い時には骨に蓄積されます。ビタミンDは血液中のカルシウム濃度を高めたり、腎臓でカルシウムが尿中に排出されないように体内に再吸収させる働きをしています。

ビタミンDは脂溶性のビタミンのため調理過程での損失が少ない性質を持っています。しかし、ビタミンDを含む食品は非常に限られていて、野菜や穀物にはほとんど含まれていません。多く含むのは魚介類や、きくらげ、干ししいたけなどきのこ類です。油脂で炒めたり、ごまやピーナッツなどの種子類と一緒に食べることで吸収が良くなります。また、乳製品と一緒に摂ることでさらに効果を高めることができます。