かぼちゃのビタミン作り方は秋の晩秋5美味で幸せ感を食べます

カボチャから生まれ育ったところによって呼び方も多種のも、一部の人がかぼちゃを食べる感じを冬、ように食べてもおいしいのは、私たちの日常カボチャの方法はどれらがありますか?どのように食べることが食べて栄養価?よく食べるかぼちゃ餅はどう制の?今はと小編て文章

しましょう!Pとカボチャの作り方はP椎茸南瓜P

材料:かぼちゃ300グラム、しいたけ数本,ハム糸ひゃくグラム、にんにく、少し醤油,ビタミン、植物油、ニワトリ、たまり醤油、水

P作り方:

1、カボチャの角、しいたけはぬるま湯で泡を浸します;

に、起鍋を塗るを入れ、ニンニク煸香を切ったカボチャ、しょうゆを加えて炒め、そして半杯の水;

3、燃やした後に良いシイタケに入って、押印を入れて10~15分蒸らすます;

よんしよ、かぼちゃをしんなりしたら、ハムの糸を加え、ニワトリとたまり醤油、収めて汁を盛皿で.

Pはかぼちゃ南瓜

をして

材料:かぼちゃ、濃口醤油、たまり醤油、砂糖,酢

P作り方:

1、カボチャの角切り

P2、ネバネバない鍋を給油します

さん、カボチャ、表面に焼き丁小火マイクロ焦

よんしよ、濃口醤油、たまり醤油、砂糖、酢の物割焼き汁(加酢すれば少しは増え、香、食べて酸味来.提案を加え濃口醤油を加えただけで、私はいつも引き出して、色の濃いた時)

p5、寧ろ汁、大火汁、炒め物、南瓜、かぼちゃを均一につつむ汁

をつつむ

ろく、鍋をまく時多く葱、ふかふかのチリソース煮かぼちゃが出来上がる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です