かぼちゃはち側補う中に益のビタミン息の病気

p> <ていつ食べるのが一番美味しいかぼちゃか知らない人がほとんどで、ある人は夏が好きにかぼちゃを食べると、その時のかぼちゃプリプリコカだが、一部の友達が好きな秋の食用、食用時期によってカボチャの栄養価の違いはありますか?日常南瓜のやり方はすべてどれらがありますか?

Pとカボチャの作り方はp南瓜南瓜

原料:かぼちゃ1 500グラム、米500グラム.

南瓜制法:かぼちゃを掘らにして.角切りにする.油盐炒めで、米浚う純、加水煮成熟時~78すくい取って置いてカボチャブロックに水を加え、適量.慢火蒸し、適量に加入黒糖.その味はもっと美しい.

効果:補う中に益の息に用いることができる病気后体よく進むことに補う弱者や、がんの手術後のリハビリに日常の食事.

赤いナツメの南瓜スープ

は原料:かぼちゃ500グラム、赤いナツメ15粒、黒糖1スプーン1スプーン.

制法:かぼちゃ中子、子、皮に行って、角切り,ビタミン、赤いナツメ(原子)、黒糖と水の適量、煮てから瓜爛熟.

効果:解熱解毒、脾臓と胃、调经理气血を、唾液の分泌を促進して、益の息、貧血が補助治療効果.

かぼちゃのコンブスープ

では

カボチャ昆布スープ<P>原料:かぼちゃ500グラム,豚赤身150グラム.水煮もどし昆布200グラム.

南瓜法:かぼちゃの古い嫩によって処理をしている.柔らかいのは皮をむきにしてからで,洗います.古いのは皮と瓜瓤.洗浄角.bao内、コンブ(切り段)、豚肉を炊けと水を炊け、塩、味と味をつける.

効果:補う中に益の息、益の心を集めて肺、利小便.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です