冬至は何を食べますか。冬至のビタミン節気は3大美食を食べる

じゅうに月22日冬至節気を意味、冬の寒い日に入って、最も寒い天気を迎え、『易経』の中で冬至陽生の言い方.これは、冬至が冬至に運行するために、この一日、アストン陽生ま、そのとき人体内には陽陽に生まれ、最も吸収外来の栄養を吸収し、その栄養を発揮する効果を発揮する.明らかに、冬至の人々は最も良い時間前後から進むことに補う.冬至に従ってさんの基本原則いち、リビング冬季気候プレミアが冷たくて、天地の陽の息に潜む、応の人体、冬も人体英気を養うの最優秀時間帯.起居には早寝.朝練の習慣のある人は注意して、朝練時間は早すぎる、気道及び脳血管疾患、または既存疾病に再発させる.に、药补この段階では、人がいくらかあって好きな冬の進むことに補う薬.例えばペースト側.膏側に甘く潤す補い薬を服用して多く、滑らかに感は口当たりが良くて、進むことに補う、病気を治すことができる.病気の治療は,無病気予防のため冬進むことに補う膏側は地方によっては一種のファッションになる.さん、食べ諺によると、药补よりも食べ.冬なら、美味しいと利益になる体の食べ物が適当に選んで、みんなに受け入れて.冬には、利益のある食品には、漢方医は、いくつかの大きな種類に分かれている.冬至の養生は何の料理が良い冬至に食べて何を食べてよく犬肉の冬至に肉を食べる風習は漢代から始めたと言われている.聞くところによると、漢の高祖劉邦、冬至の日に食べた樊哙煮の犬肉、味は格別、賛美.これからは、冬至に犬肉を食べる習慣が形成されました.この日は冬至で,犬肉、羊、マトン、各種の栄養食品を食べ、来年には1つの良い前兆がある.ワンタンは昔から北京には冬至ワンタン夏至という言い方がある.漢漢時、北方匈奴はよく辺境に騒擾、庶民は安寧べからず.その当時匈奴の部族には、2つの首領、非常に凶暴な殘酷だった.庶民はその憎さも憎し、そこでミンチ肉を包んで角を取って、ばかと村の音、呼作ワンタン.食の,ビタミン、そして戦乱をおさまっ、太平の日を過ごすことができる.最初にワンタンは冬至という日に、冬至の日にどの家もワンタンを食べます.冬至大根の夏至はジンジャー、時には病苦を食べても、病気には無にします.冬場大根は小さなにんじんには.冬至の夜には、鍋にほかほか大根のスペアリブスープにぴったり、家族はまるい、この歴史が悠久の亜歳という.冬に進むことに補うの食べ物は多くて、大きく分けて平補、温を補って、三大類.一般的に言って、温补宜熱性食品に气虚;あるいは宜用寒性食品、貧血に;無气虚貧血は宜平性食品は、謂平補.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です