流行性風邪のビタミン鑑定診断方法

インフルエンザウイルスは、インフルエンザウイルスによる急性呼吸病伝染病.感染力が強く、伝播などの特徴があり、大範囲内で流行しやすい.専門家の提案、みんなはそれによくある病状と診断基準を理解するべきで,ビタミン、これはようやく疾病に予防する予防.インフルエンザの鑑別診断方法を紹介します.インフルエンザの鑑別診断主と、インフルエンザウイルスの病原体ウイルス、細菌などの多種のインフルエンザの様子を引き起こす疾患(influenza illnessたら,IL1)相鑑別.確認実験室などの病原体によって検査する必要が、分離、血清学検査と核酸の検出.いち.普通は風邪普通は風邪で普通気道がウイルス感染することができて.疫学資料の収集に注意して、通常のインフルエンザの全身の病状は普通の風邪より重い、普通の風邪の呼吸器の局部の病状は更に際立っている.に.重症急性呼吸症候群(SARS)SARSはSARSコロナウイルスによる一種の明らかに伝染性、まきぞえにする多臓器、システムの特殊性肺炎は、臨床の上で発熱、疲労、頭痛、筋肉の関節の痛みなど全身症状や空せきをして、息苦しくて、呼吸困難などの呼吸器症状を主な症状.臨床表現は肺炎型インフルエンザに似ている.疫学史によって、臨床症状や身体的特徴で、一般の実験室の検査,胸部x线映像学の変化に合わせて、SARS病因学検出陽性、他の病気を排除し、SARSの診断.さん.肺炎のプラズマは発熱、頭痛、筋肉痛など全身症状が比較的にインフルエンザの軽い、むせ症状が明らかに、あるいは少量に粘る痰を伴う.胸x线胸片検査可視両肺テクスチャ深まり、肺炎にまだ会っても併発肺影など間質性肺炎表現.痰と咽頭拭え標本分離肺炎.血清学診断検査に一定の助け、核酸プローブや早期診断に役立つ急速PCR.よんしよ.クラミジア感染発熱、頭痛、筋肉の痛みなど全身症状がインフルエンザを引き起こすことができることを軽く、副鼻腔炎、咽頭炎、中耳炎、気管支肺炎、気管支炎と.実験室の検査を助けることができます鑑別診断を含め、病原体の分離、血清学検査やPCR検査.ご.肺軍団菌感染症が多く、エアコンシステム及び水源汚染について.病気は急だ、です、発熱、頭痛など、全身症状が目立って、呼吸道の症状は、粘る痰咳、痰の血、息苦しくて、息が切れる、少数は発展をARDS;気道以外の症状もよくある、例えば下痢になって、精神症状や、心機能や腎機能障害、エックス線検査の通り胸片炎症浸潤影.呼吸器の分泌物、痰、血液は陽性で診断され、検出率が低い.分泌物の呼吸で直接蛍光抗体法(DFA)の検出抗原またはPCR検査核酸、早期診断助けがある.血清性免疫蛍光抗体測定、診断意味がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です