堆積する灘に止まっていて一葉竹のビタミンいかだ

夕日漸落川面、中流島や堆積する灘その一角、さす気絶して人の光のように、夢のように静かに.

Pはいくつかの音がよぎる、数枚の落葉は落ち、その判然の流水、静謐と淌ている.堆積する灘に一葉竹も静かに臥ている…

Pは見ている、心は、心が、人は酔、人が酔っている.

盘膝遠くて石の上に座って、瀋黙/ p>と

忽然流水よう<と竹のいかだを言ったのか、何を引き起こして葉たちは合わせてうなずいた.そして、またドーマントた.

かも知れない、この竹のいかだはこの川に伴って過ごした数年かじ夫春秋,ビタミン、甚だしきに至っては彼は今の木質暗く見えない昔華やかさ、おそらく彼はかつて出会う川底の鋭い石を、彼は免れました;彼がされていたのかもしれない川の水草を絡ませ,彼は一緒に歩いてた、過ごして困難なかじ夫.

と思う彼は幸せな、生涯かけて,自分のすることができる、愛、船尾に付き添っている夫、かじ夫したい.これ、幸せじゃないですか?

今、彼は横になっているグランドでこう落ち着いて、まるでたそがれの老人のように、満足な落ち着いて.

……

P空もまた一つの光がある.

のように何を抱き.起き上がりを眺めて、目を竹、笑い、去って…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です