雨のビタミン日_いち

雨が降っている時、出かけるのも不便です.だからいつもオタクオタク家で妄想をして.例えば,ビタミン、人と人の間の同じと違い、どうして人が間違って一歩一歩一歩間違って;夜鷹の宵だくみ人で、どうして歩歩難……そよ風は特別に人を静かにするように、普段の上調子をしています.雲靑靑兮し雨、水静かだ静かだのに生煙、雨の美しい景色を見ただけで,心も十分得洗礼.

pは人生の思索には、その解も正常であり、万巻の本を読むことは難しいということはありません.単位,道中、家、三昧の生活、規則で機械、忙しくて平凡な、さらにしびれ、慣れて.携帯電話、ゲーム、心身のリラックス、精神面の栄養、”ファーストフード文化”は、より多くの目のよりも、怒りやすい.

繁華な都市、利害が共存し、精神的にも染まってほこり、雨、静かに本を見て、渭城朝雨泡軽い塵、希望の心の客舍靑靑いもうと.夜、夜更け臥聞いて風が吹いて雨、この時にならない鉄騎氷河、期待して、好诗寝つく美文.

雨上がりに虹、高望み、都会にはもっと珍しいことがあるらしい.しかし、雨が降って日の靑雲の破れ目、その色は将来の雄心をして十分に.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です