マントーを作ってやる

私の実家は仙居、そこにあるのが習わしあたり、春節の前に、全部やる、饅頭饅頭など、今日、私もその楽しみを体験した.

私たちは忙しいです、大人たちは横長のマントーをして、私と姉は隣に小魚をしています.私は先に水団から1、それを1つの楕円形にして、更に最後の部分はぺしゃんこて、3部、別れて楕円形、小さい金魚の尾は完成しました.引き続いて体上の鱗をはさみで体の表面はきちんとカット切りの模様は三角形を、1つの貼って魚の身ながら、最後に目に切って、生地から小さな生地成圆揉んで、上に1粒の黒ゴマを入れ、魚の頭にくっついて、一番前指一本で中へ押していくつかを、1つのかわいい小さい金魚を作った.

私の立ち上がりから小さい金魚の時、両辺の長い髪が立ちはだかった私の視線でくっついて小麦粉の手をつかんで顔をつかんで、顔には小麦粉、いじったのは私の顔にも花が、私はその時まだ反応してきて、その後、母が見た笑ている私にあなたがこの小さな三毛猫です、急いで鏡を見に行きましょう!私は急いでトイレに入り、鏡、鏡には私は本当に小さい猫、私は、私も楽しく笑うことにしました.

一時間後に、饅頭ポワレよく、私急いで食べてみた手作りの小魚、嬉しくて、初めてこの美味しいなあと思って!

今回私も分かった、ただ自分の手で労働してきた実こそが最高の.

Pは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です