あの時から

私は小さい時、お母さんはずっと私をおじいさんのおばあさんの家に置いて、1週間の六彼女とお父さんがやっと帰って来て私を見て.今は一緒だ、彼女は毎日喧しいて、煩わして死んだ.

     ;;学校で圧力が大きいから、毎日は豊作の宿題を先生、学友と傷をののしって、毎日家に帰ってもお母さんのこの回の小言を受け.

一日、学校に闖、その日は家に帰りたくなかった、家に帰ってから、うるさいので.でもやっぱりフラフラ歩いて帰ります.食事は私の最も恐れる事で、1私の食事の遅い時にまた食べきれない、二は両親とtalkfeel、3きょう今日は1度のぶつくさを受けなければならない.食事の時、お母さんは私と話をして聞かないで、彼女は私の問題について私の知識が頷いあるいは首を横になって、口はすべて動したくありません.私は部屋で宿題を書きます時、お母さんは私と二時間ぐらい話して、私は2時間ぐらい(飛び降りたい感じがします).私は11時に寝ているのです.でも寝ている時、私は寝てまた目が覚めます.急に足音が聞こえ、私はすぐ寝始めた.私が入った眼は、お母さん、お母さん私を起こさないために、スリッパを脱いで、足を終えて私のそばで、また私を露出手に入れて布団の中で、布団を上へ下げた私、保証を厳厳しい密密の.そして足をして歩きました.

私は布団について、私は布団に逃げ込む、物思い、思わず泣き出した.私は知っていて、お母さんの苦心が並大抵でないが、私はしっかり勉強し、彼女の希望を裏切らない.

私はあの時から、私は母の私の関心を知っています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です