ビタミンCの健康効果について

ビタミンCは水溶性ビタミンの一つとして、参加を防ぐパワーの強い効果が有り、酸化防止剤として食品に使われることも多いです。媚薬・また別の健康効果がありますので、紹介します。
まずはビタミンCは体の老化を防ぐ、タバコや紫外線、ストレスなどによって発生した活性酸素によるダメージ等はビタミンCは自分が身代わりに参加されることで、私たちの体を酸化から守ってくれています。
また、コラーゲンの合成、腸で鉄分の吸収を高める、ガン予防など色々なものがあります。コラーゲンの合成=健康な肌を作る事でもあるので、美肌にも欠かせないビタミンです。
そして、ビタミンCは体のコラーゲン繊維の合成にも効果があります。ビタミンCが不足することでコラーゲン繊維の合成能力が低くなってしまった状態。コラーゲンは皮膚の材料であるだけでなく、筋肉や内臓を維持するにも欠かせないもの。そのコラーゲン繊維が弱くなってしまうと、毛細血管の出血や歯茎からの出血、幼児の場合は骨の発育不良がおきてしまいます。
他には、疲労感、食欲不振、不眠症などの症状もあります。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・しかし、他の栄養素の不足や病気でも同じような症状が出てしまうので、症状だけで「ビタミンC不足」と断定することはできません。