ビタミンB6の効果

ビタミンB6は、たんぱく質や脂肪の代謝に必要な栄養素です。腸内細菌によって合成されるため、欠乏症は起こりにくいとされていますが、抗生物質を長期間服用していると、腸内細菌の育成が妨げられるので注意が必要です。
水港は冷えの元凶である。くしゃみ、!3:水、ぜいぜい、おねしょなどから抜けきれず、寒そうな顔色の者は、まず甘革乾美湯で上半身を温めてみるがよい。肺のあたりを温める早漏「甘草.乾姜」の組み合わせは、水遵を除き体を温める作用にじている。またこのニ味をふくむ薬方 の応じる者は、w内停水を認めることが多い。

铽管支喘息でうすい喀痰の多い者や、アレルギー性0炎で、祌がくしゃみするように顔中水だらけでゴミ箱がティッシュべーパーでいっばいになる者は、明らかに水海の兆しで、小靑竜湯の適応であるがこの処方にも「乾姜」がfid合されていて、胃内水を認めることが多く、また顔色はひえびえとした感じである。粘神困乏して気持ちが引き立たず、取り越し苦労の絶えない柴胡桂枝乾美Kの応じる色が冴えず、アトニー体贺の者に多く、胃内停水を認めるので乾姜で陽気の回復をはかっている。

ふだん胃脱が弱く、みずおちがつかえて、お腹がゴロゴロと魄り、むかついて食が進まず、あるいは下痢しがちの者は半夏瀉心湯の治であるが、この方にも「甘草•乾姜」が配合されて いて、sz内停水を認めることが多い。

水様性の下痢となると、人参湯(理中九)の適応となることが多い。この症は2=が冷えて津液(体液やリンパ液)をめぐらすことができず、口中に唾液がたまったり、足が冷えて水様性の下痢となったりする血流をよくして機能を高める人参は、体中を温める乾茇と組んで<「人参•乾及」)、みずおちのつかえをゆるめて下辆や腹痛、喋吐を治し、乾友はまたiを得て <「乾荽.甘«,」)肺中を温め、\7内停水を除く。人参潟を簡便な丸剤としたのが理中丸である。 人媚薬沏は水逛によって冷え、胃脱機能が袞えたむかつき、胃痛、食欲不振、下痢によく応じ、ときに狭心症様の胸痛にも効き、温める力がつよいのでアレルギー性热炎に効くこともある。