ビタミンB2豊富な食べ物

ビタミンB2は、主に動物性の食品(特にレバーやうなぎに多い)に多く含まれますが、植物性食品の納豆にも多く含まれています。これは、納豆菌がビタミンB2を作り出しているからです。また、牛乳や乳製品、卵も効率の良い摂取源です。
太陽病では病邪を汗によつて体衣面から追いだしてレビトラしまう作戦がとられたが、水港の多くは、便から除く方法が用いられる。
水を順通するもつとも速やかな剤は茯苓と朮の組み合わせ「获爷.朮」である。利冰の剤の阁まりのような処方に五がある。この方は「获爷.朮」に水を潤す沢浪、のどの乾きをとつて小便を利す猪苓(チョレィマィタヶ)と少Mの桂枝が合わさつたもの「沢欲•茯茶「祐爷.仪爷」「沢浪.访茶」「桂枝•茯茶」「梓枝•朮」)で、すぐに服用できる敗剤である”五苓散はのどが乾いて盛んに水を欲しがり、その沏に小便が出ない、したがつて2部にはパシャバシャと水のたまつている者の、熱中症、めまい、頭痛、ネフローゼやむくみ、ニ日醉いなどに多用される。熱があつてもよい。小児の下痢でしきりに水をのみ、よく問いてみると小便の出ていない者には、数回の服用で治つてしまい、また乳をどつと吐いてしまう者、かゆいストロフルスにもよく応じる。五爷敗の服用にはコッがあつて、温かいうすいおも湯で服ませるのがよい。

五苓敗と闻煺が合わさつた茵蘸五^は、肝炎などで腹水のある者によく用いられる。気の 上衡に-^ Sがからんで立ちくらみし、者の爷桂艰甘;のなかにガスと水がたまつてものを食べられない者の茯苓飲などは、いずれも「茯苓•朮」がふくまれていて3=内梁がある。

隐証で「获苓•朮」が与る有名な処方には真武湯がある。典武沏の水気の停滞は、BI内停水よりもむしろ下肢のむくみとなつて現れることが多い。足指や脛に押してもなかなか戾らないむくみがあって、めまい感があればまず與武渴証とみてよい。典武渴証は、陰証であっても病状の勑きが活発に兄えることがあるので、限証と見誤ってはならない。シアリス熱のぶり返し、くらっとする、フラッとするめまい感、むくみ、おもらしするよすな下痢、これらはすべて水港のい たずらである。