ビタミンAの効能と効果のまとめ

ビタミンAにはA1とA2の2種類があり、A1にはレチノール、レチナール、レチノイン酸が、A2にはA1の類縁化合物である3デヒドロレチノール、3デヒドロレチナール、3デヒドロレチノイン酸があります。A1、A2を総称してビタミンAといいます。ビタミンAは別名レチノールとも呼ばれ、体内では化学変化でレチナールやレチノイン酸へと変化します。レチナールは視紫紅「ロドプシン」の構成成分として視覚作用と関わり、また粘膜や上皮細胞の機能の維持にも関わっています。早漏レチノイン酸は発ガン抑制作用や胚発生の形態形成作用があることが明らかになっています。

ビタミンAは目の明暗の感受性を維持しています。目の網膜の視細胞には、明暗を感知する杆体細胞と色彩を感知する錐体細胞があります。杆体細胞には光受容体であるロドプシンが含まれていて、その中にレチナールが構成成分として存在します。ロドプシンの中のレチナールは光を受けると化学変化を起こし、さえぎられるともとに戻るという性質があるため、この刺激により明暗の識別が行われます。レチナールが不足するとあたりが薄暗くみえる夜盲症や、急に暗い場所に入ったときになかなか目がなれない暗順応遅延と言った症状がでてきます。

錐体細胞にも光の三原色の受容体であるアイオドプシンというたんぱく質がありその構成成分として同じくレチナールが存在します。感知機構もロドプシンと似たようなものだと考えられています。

ビタミンAには上皮細胞の機能維持や成長促進、発ガン抑制作用、免疫機能、味覚機能など様々な生理作用があることがわかっていますが、どのように関与しているのかはこれまでよくわかっていなかったのですが、近年以下の機構が関係している事がわかってきました。

細胞の核内にはビタミンA受容体「レセプター」であるRAR「レチノイン酸受容体」とRXR「レチノイン酸X受容体」があり、ビタミンAとレセプターが結 合する事で遺伝子の発現、制御が行われています。上記の生理作用もこのようなビタミンAによる遺伝子の発現、制御機構により実現されています。他にもビタ ミンD受容体や甲状腺ホルモン受容体などが核内にはあり、ビタミンA受容体はそれらとも相互に影響し合って様々な生理作用に関係していますが、その生理作用については非常に複雑なためすべての機構の解明には至っていません。 媚薬購入

上記でも述べた通りビタミンAは皮膚や口、鼻、のど、肺、胃、腸などの粘膜の健康維持にはか欠かせません。皮膚や粘膜は上皮細胞といい、傷や感染症から身体を守ってくれる働きがあります。また肌の潤いを保ち乾燥から身を守る働きもあります。かさかさ肌の人はビタミンAの不足が原因かもしれません。

ガンとは細胞が異常増殖する事がひとつの特徴ですが、これはアポトーシス不全を起こした状態だともいえます。アポトーシスとは細胞をより良い状態に保つために、管理、調節された細胞自身の死のプログラムすなわち自殺の事で、これにより細胞が異常増殖する事を防いでいます。ガンがアポトーシスの機能不全であるなら、アポトーシスを誘導する物質であるレチノイドの存在がガンの抑制に有効ではないかという事が注目され様々な研究も行われており、実際その効果もいくつかの研究結果により実証されています。