ビタミンdのカルシウムの吸収に対する促進と抗くる病作用

ビタミンDはまた抗くる病ビタミンと称し、そのうちの最重要のものはD2とD3である。 ビタミンはステロール類誘導体の一つで、脂溶性ビタミンに属します。

ビタミンDは紫外線照射後をもともと経験する誘導体で、動植物体内のは全てもともとビタミンDがある。 人の皮膚内は7の-脱酸素コレステロールの物質が含まれる。この種類の物質が紫外線の照射下にあって、ビタミンDに転化することができるレビトラ

私たちが熟知するビタミンDの役割は、カルシウム、燐の吸収を助けることに通じて、児童のくる病と成人の軟骨症を予防することである。くる病はビタミンDの欠乏によってカルシウムと燐の代謝の乱れを引き起こす疾病である。 その他に、ビタミンDはまだ免疫システムに役割を増強することがある。 ちょうど日光の中の紫外線を照射することを通じて皮膚の中の7の-脱酸素コレステロールはビタミンDに転化できるため、“ひなたぼっこはカルシウムを補うことができる”の一説があった。

ビタミンDが欠乏したから、おそらくくる病や、骨軟化症が引き起こす早漏。ビタミンDは欠乏していて、骨格は正常に石灰化することができなく、柔らかくなって来て、屈曲を変え、奇形的で、同時に神経、筋肉、造血、免疫などの器官の機能を組織することに影響する。