ビタミンBの概念とその過量の副作用

ビタミンBはB族ビタミンの総称で、12種類以上がある。そのうち人体に対して公認して必要ビタミンは9種類があり、すべて水溶性ビタミンとする。 妊婦あるいは子供はビタミンBが欠乏したら、皮膚疾病が現われがちである。例えば手足は皮がむけ、湿疹や、口元が腐るなどである。 全てのB族ビタミンは固有の特性がそれぞれあるレビトラ

けれども、B族ビタミンが、副作用がある。

ビタミンB1: 毎日5~10gを超えを服用したら、おそらく、震え、疱疹、浮腫、神経質、心拍数の増えなどの副作用が出てくる。

ビタミンB2: 摂取しすぎるなら、掻痒、麻痺、鼻血の出り、灼熱、刺痛などを引き起こしやすい。

ビタミンB3: 皮膚の赤らみ、掻痒、嘔吐・下痢、軽度の肝機能の衰退、視覚障害など。

ビタミンB5: 今まで知ったとおり、副作用がない。

ビタミンB6: 過剰に摂取する時はおそらく神経症、即ちある感じの鈍い神経性疾病、最悪の状態というものが皮膚の意識が失うことを引き起こしうる。

ビタミンB7: 入手不可であるシアリス

ビタミンB12:過量のビタミンB12を注射することは、喘息、じんましん、湿疹、顔面浮腫、身震いなどのアレルギーが現われ、また神経の興奮、下胸部の痛みと動悸を引き起こす恐れがある。ビタミンB12は入って過ぎることはまた葉酸の摂取することを抑える。